イギリス求人ビザサポーター

イギリスで仕事を行うために必要となる就労ビザを取得するには、雇用先から申請してもらって就労ビザを取得することもできます。
仮に、申請してもらった就労ビザを使って他の企業の求人を探して転職、働く事は可能なのでしょうか。

イギリスでは海外出身の人材を雇う場合は、スポンサーシップライセンスを取得しなければいけないルールがあります。
スポンサーシップライセンスを取得した企業は、海外から雇い入れる人に対してCertificate of Sponsorship(COS)という身元引受証書を移民局から発行してもらいます。
身元引受証書を受けた方に対して就労ビザの申請をするという手続きが必要になり、ようやくビザを取得することができます。
ここまでの一連の流れを確認してみるとかなり面倒な手続きになりそうなことが理解できると思います。
もちろん、それぞれの手続きで費用が発生しますので、海外の人材を雇い入れる企業にとっては手間もお金もかかっていることになります。
ここまでして就労ビザを取得してくれた企業で仕事をしないで、ビザだけもらって他の企業で働こうと思うのはあまりにも身勝手な話となることを忘れないで下さい。
そもそも身元引受となっている企業で仕事をしないで、他の企業で仕事をしていることが移民局で許してくれるのかというと、恐らく悪い結果を招くことになるのではないかと考えられます。

なかなか簡単に取得することができないと言われている就労ビザを申請してくれる企業はとても貴重な存在です。
その恩に報いるためにも、一生懸命仕事に精進するという意気込みが必要です。

イギリスで仕事をする際に必要となる就労ビザを確実に得るために就労ビザサポートを活用したいと考えている方も多いと思います。
その場合に気になるのがどのくらいの費用が必要になるのかという点です。
実際にはどのくらいの費用を用意するべきなのか確認してみましょう。

イギリスで就労ビザを取得するのは非常に難しいと言われています。
基本的には現地の方向けに募集をかけても人材が見つからなかったという場合に海外の人材を雇用するという選択肢が生まれますので、求人そのものがなかなか見つからないケースも多いと言われています。
また就労ビザが発行されるまでに厳しい道程があるため、自分の力では簡単に取得できないためサポートに依頼すると考える方が多いです。
申請をすると必ず通るとは限らず、ミスがあればそれだけ不利になってしまうことは間違いありません。
サポートを受けても絶対に就労ビザを取得することができるとも言い切れないことから、まずは相談をしてみて検討をすることも大切です。

就労ビザサポートを受ける際の費用としては、それぞれのケースによってまちまちですが平均すると5~20万円以上にはになるのではないかと言われています。
実際にサポートを受ける場合は事前に見積もりをもらったうえで納得してから依頼することをおすすめします。
あくまでも申請手続きを代行するためにかかる費用であり、必ず就労ビザを取得することができるとお約束するものではないことをきちんと理解したうえで検討してください。

イギリスの就労ビザを取得する方法としては、就労ビザの種類によって異なります。
まず、「スポンサー付スキルドワーカー(Tier2)」の場合は、ポイント制により取得できるものです。
あらかじめイギリスの雇用主から雇用保障を得る必要があり、ポイントテストに合格しなければいけません。
ポイントテストの項目は一般の場合は資格や学位、スポンサーシップ、英語能力、資金、支払い予定給与の5つになります。
これらの項目で50点以上を得ることによって就労ビザを取得することができます。
なお、ポイントテストの項目については宗教家、スポーツ選手、社内異動によって異なります。
ポイント制度については変更される可能性もありますので、随時確認する必要があります。
基本的に誰でも申請できるものではなく、就く仕事がNVQ(国家職業資格)レベル6以上でありマネージャーレベルの職や特殊な専門技術や知識を必要とする場合が該当します。
英語力があることも必要になりますし、学歴も重要視されることになります。

「テンポラリーワーカー」の場合は12ヶ月間一時的に就労が許可されるビザです。
エンターテイメントやスポーツ、宗教活動、政府が公認した交換留学などに限り発行されます。

イギリスの就労ビザを取得するには必要な条件を満たさなければならないことで難しいと感じられる場合もあるようです。
特に日本はEEAに加盟していない国であるため、審査が厳しいという見方もできます。
イギリスで仕事をしたいと考えている方にとっては厳しい道のりになるかもしれませんが、決して簡単には諦めないようにしてください。

イギリスを始めとした海外に転職を希望している方はどんな方法を選ぶべきだと思いますか?
転職をする際にはまず希望している国にどんな求人案件があるのかを調べることが必要になります。
海外の転職求人案件を調べるために活用したいのが転職エージェントです。
日本国内でも数多くのエージェントが存在していますが、海外の場合は海外に特化した求人案件を多く抱えているエージェントを選ぶべきです。
外転職に強いエージェントを選ぶ場合は、ひとつに絞るのではなく複数に登録することをおすすめします。
それぞれのエージェントによってアジアの案件が多い、欧州の案件が多いなどの特徴があります。
また、このエージェントでしか取り扱っていないという独自案件を抱えている場合もありますので、ライバルが知り得なかった求人案件を探すことも期待できます。
複数に登録していた方が間違いなく多くの求人案件を調べることができるようになりますので、是非参考にしてください。

イギリス求人が掲載されているエージェントのサイト上でも探すことができますが、実際にはこれが全ての情報ではありません。
応募が殺到すると思われる案件や企業の方で一般公開をしないように指定している案件などの場合は非公開となっており、限られた方だけにしか紹介されない仕組みになっています。
非公開求人の場合は比較的好条件が提示されている場合が多いので、かなり有利な条件で転職することも期待できます。

できるだけ多くに登録をし、理想の職場が見つかるように積極的に行動しましょう。

イギリスに関する転職エージェントについては「イギリス求人ナビ:就職しやすい業界やお勧め人材紹介サイト」こちらのサイトも参考になります。転職エージェントを探して登録してみてください。

イギリスで仕事に従事する場合は、就労ビザを取得することが必須となります。
しかし、場合によっては就労ビザの取得が思い通りに行かない場合もあります。
就労ビザが取れない場合はイギリスで仕事をすることが難しい状況になってしまうため、何としてでも取得する方法を模索したいものです。

イギリスで仕事をしたいと希望している方にとって最も良い選択肢としては、就労ビザをとれるようにサポートをしてくれる会社の求人を探すことです。
全面的に会社がバックアップしてくれることによって、就労ビザの取得に困ることがありません。
スムーズに就職までの道程が決まることが最大のメリットとなります。

優秀な人材であれば海外からでも迎え入れたいと考えているイギリスの会社にとって、就労ビザサポートを行ってでも人材を採用したいと考えています。
実際にイギリスの求人案件を確認してみると「就労ビザサポート有り」としている企業を確認することができます。
このような条件を提示している会社を優先的に探すことによって、就労ビザサポートを受けて仕事に就く夢が叶うことになります。
ただ、必ずしも希望している職種でサポートをしてくれる会社が見つかるとは限りません。
仮に見つかったとしても、日本だけでなく世界中から就職を希望している方の応募が重複する可能性もあるので狭き門になる可能性も高いです。
自分が会社の業績アップに貢献することができる優秀な人材であることをアピールすることで有利になりますので、仕事内容や応募条件などをしっかり確認することが大切です。

イギリスで仕事をするためには就労ビザを取得することが必要になりますが、自分の力ではなかなか取得することが難しいという方が多いです。
せっかくイギリスで仕事をしたいという高い意欲があるにも関わらず、最初の段階で躓いてしまうという方も少なくありません。
そこで、仕事を探す段階において就労ビザサポートをしてくれる企業に応募することで就職のチャンスを掴みやすくすることが出来ます。
就労ビザサポートをしてくれる仕事として、具体的にどんなものがあるのか確認してみましょう。

イギリスで求人案件の中でも特に多いのが、IT関連の仕事です。
プログラマー、サーバーエンジニア、ウエブデザイナー、ソフトウェアエンジニアなどの職種の求人があげられます。
より高度で専門的な知識を有している方にとっては非常に良い転機となることは間違いありません。
自動車関連の求人においても就労ビザサポートがある可能性も高いです。
製品開発に携わったり、営業・販売活動を行う仕事内容でも該当します。

就労ビザサポートを受けるにあたって確認していただきたいのが、企業が求めているスキルなどの条件を自分は満たしているのかという点です。
例えば英会話能力を必須としているにも関わらず、聞き取りもうまくできずにたどたどしい英会話しかできないという方の場合は採用が非常に厳しいと考えられます。
それぞれの仕事において企業の求人情報で求めている技術力を持っていることはもちろん、付随するスキルを持ち合わせて企業の期待に応えることが大切です。

イギリスで仕事をしたい方にとって必要となるのが労働許可証です。
イギリスで取得することができる労働許可証については4種類あり、それぞれ異なる特徴があります。

「フルワークパーミット(full work permit)」の場合は、イギリスの現地法人に勤務している役員に就く方、キャリアを伸ばす目的がある一般社員であることが取得条件となります。
他にも人員が不足している(Shortage Occupations)職種に就く方やEEA欧州経済圏に適格者が少ないと認められる職種に就く方などが該当します。
最長5年で延長可能となっていて、申請が簡単であることも特徴的です。
「キーワーカーパーミット(key worker permit)」の場合は、一般的キーワーカーとしてEEA欧州経済圏内にはなかなか存在しない特殊能力を持っている方などが取得することができます。
それぞれの職場で必要となる資格を取得した証明をすること、元の勤務先での推薦などが必要とされます。
「トレイニーパーミット(TWES Permit)」は職業研修と体験就職に分かれており、それぞれ取得条件が異なるので注意が必要です。
「ハイリー・スキルド・ミグラント・プログラム(Highly Skilled Migrant Programme・HSMP)」はイギリスでの就職が決定していない方であっても点数制によって就職活動が可能にすることができます。

このように様々な労働許可証の種類がありますが、最も優遇されてい一般的なのがフルワークパーミットとなっています。

イギリスの就労ビザを申請する際に必要となる書類について確認しておきましょう。
ここでは就労ビザで一般的なTier2の場合でご紹介します。

UK Border Agencyよりダウンロードして印刷できる「Appendix Tier2」は必要事項に記入をしてください。
書き込む箇所がたくさんあるので大変ですが、あらかじめご用意することを忘れないようにしてください。
「ビザ申請書」にも必要事項を記入しておきましょう。
現在有効となっている「トラベルドキュメントまたはパスポート」を用意しなければいけませんが、ビザを貼り付けすることができるように何も記載されていないページが最低でも1ページはあることを確認しておいてください。
「パスポートサイズのカラー顔写真」が必要になりますが、顔写真ガイダンスの内容に沿ったものでなければいけません。
例えば、帽子をかぶっていたり、カメラ目線でないものなどは無効とされますのでご注意ください。
過去の渡航記録がある「過去のパスポート」も必要になります。

これらの書類をあらかじめ用意しておかなければいけませんが、原本の他にコピーも用意してください。
Tier2の場合は一般や宗教家、スポーツ選手などのカテゴリによって他に用意すべき書類が異なります。
詳しくはUK Border Agencyのサイト上にそれぞれのカテゴリについてガイダンスが用意されていますので詳しく確認するようにしてください。
申請時に抜かりがないように、余裕を持って用意しておいてください。

イギリスの就労ビザは有効期間が存在しています。
就労ビザの種類によって期間が異なりますのであらかじめ確認しておきましょう。

就労ビザのうち、ポイント制によって取得することができるスポンサー付スキルドワーカー(Tier2)の場合は最長3年間の期間となります。
スポンサー付スキルドワーカーの場合はあらかじめ雇用主から雇用保障をもらっており、ポイントテストに合格しなければ取得することができません。
一般の場合は合計50点以上を獲得しなければ合格となりません。
その他宗教家やスポーツ選手、社内異動については若干状況が異なることになります。
イギリスの場合はポイント制が変更されやすいため、あらかじめ内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

スポーツや芸術、宗教活動など一時的な就労に対して認められる就労ビザのテンポラリーワーカーは、12ヶ月間になります。
あくまでも一時的な労働の場合に該当するため確認しておきましょう。

イギリスへ移住するにあたって家政婦や使用人を一緒に連れてくる場合は、最初の2年間の滞在期間が認められます。
希望する場合は更に3年間延長することも可能とされています。

このように就労ビザによって期間が異なるため、自分の場合は何に該当するかを確認するようにしてください。
期限が切れる前に延長を希望する方は早めに申請しなければいけません。
うっかり忘れていたでは済まされませんので、取り返しのつかなくなる前に決められたルールを守るようにしましょう。

就労ビザサポートとはそもそもどのようなサービスを提供してくれるのか確認してみましょう。

就労ビザは海外で就労する目的を持っている方に必要となる在留資格をいいます。
海外からの入国者はどんな職種に自由に就くことができるものではありません。
無尽蔵に海外の方を入国させることになってしまえば、あっという間に治安が悪くなってしまうことが考えられます。
雇用主にとっても不審な人物を採用するリスクを避けることができるため、就労ビザを取得することは必須の手続きとなります。

イギリスの場合は特に就労ビザを取得することが難しいと言われています。
雇用する人物は自国民が優先されますので、外国人は二の次となります。
国内で募集をしてみたものの、なかなか良い人材を見つけることが出来なかった時にようやく海外向けに募集がされます。
つまり海外の人にとっては採用されるチャンスが極端に少なくなってしまうことからも、就労ビザの取得がうまくいかない可能性が高くなります。
そこで、就労ビザを取得しやすくするために必要なアドバイスを受けながら申請手続きを代行してくれる就労ビザサポートが注目されています。
サポートを受けることによって就労ビザを取得できる可能性がアップすることも期待できることから、「このチャンスを絶対に逃したくない!」という方にとっては注目すべき点です。
就労ビザサポートを受ける場合には費用が発生しますので、あらかじめどのくらい予算設定することができるのかをご相談いただくと良いでしょう。