イギリスの雇用先から申請したビザを使って他の企業で働く事は可能?

イギリスで仕事を行うために必要となる就労ビザを取得するには、雇用先から申請してもらって就労ビザを取得することもできます。
仮に、申請してもらった就労ビザを使って他の企業の求人を探して転職、働く事は可能なのでしょうか。

イギリスでは海外出身の人材を雇う場合は、スポンサーシップライセンスを取得しなければいけないルールがあります。
スポンサーシップライセンスを取得した企業は、海外から雇い入れる人に対してCertificate of Sponsorship(COS)という身元引受証書を移民局から発行してもらいます。
身元引受証書を受けた方に対して就労ビザの申請をするという手続きが必要になり、ようやくビザを取得することができます。
ここまでの一連の流れを確認してみるとかなり面倒な手続きになりそうなことが理解できると思います。
もちろん、それぞれの手続きで費用が発生しますので、海外の人材を雇い入れる企業にとっては手間もお金もかかっていることになります。
ここまでして就労ビザを取得してくれた企業で仕事をしないで、ビザだけもらって他の企業で働こうと思うのはあまりにも身勝手な話となることを忘れないで下さい。
そもそも身元引受となっている企業で仕事をしないで、他の企業で仕事をしていることが移民局で許してくれるのかというと、恐らく悪い結果を招くことになるのではないかと考えられます。

なかなか簡単に取得することができないと言われている就労ビザを申請してくれる企業はとても貴重な存在です。
その恩に報いるためにも、一生懸命仕事に精進するという意気込みが必要です。