イギリスの就労ビザを取得する方法

イギリスの就労ビザを取得する方法としては、就労ビザの種類によって異なります。
まず、「スポンサー付スキルドワーカー(Tier2)」の場合は、ポイント制により取得できるものです。
あらかじめイギリスの雇用主から雇用保障を得る必要があり、ポイントテストに合格しなければいけません。
ポイントテストの項目は一般の場合は資格や学位、スポンサーシップ、英語能力、資金、支払い予定給与の5つになります。
これらの項目で50点以上を得ることによって就労ビザを取得することができます。
なお、ポイントテストの項目については宗教家、スポーツ選手、社内異動によって異なります。
ポイント制度については変更される可能性もありますので、随時確認する必要があります。
基本的に誰でも申請できるものではなく、就く仕事がNVQ(国家職業資格)レベル6以上でありマネージャーレベルの職や特殊な専門技術や知識を必要とする場合が該当します。
英語力があることも必要になりますし、学歴も重要視されることになります。

「テンポラリーワーカー」の場合は12ヶ月間一時的に就労が許可されるビザです。
エンターテイメントやスポーツ、宗教活動、政府が公認した交換留学などに限り発行されます。

イギリスの就労ビザを取得するには必要な条件を満たさなければならないことで難しいと感じられる場合もあるようです。
特に日本はEEAに加盟していない国であるため、審査が厳しいという見方もできます。
イギリスで仕事をしたいと考えている方にとっては厳しい道のりになるかもしれませんが、決して簡単には諦めないようにしてください。